あまり話題にはなっていませんがiPhoneSEが先日発売されましたね。
Apple製品となるとリンゴオタクの人たちがこぞって我先にと入手しようとする傾向にあった気がしますが今回は不思議と静かな立ち上がりです。

iPhoneSEの購入を検討している方は基本的にiPhone6,6Sで出遅れてしまった方が多いと思いますので今回はiPhone5やiPod touchとの性能を比較して、どのような層の方なら買いなのかをご紹介したいと思います。

今回はデジタル系に疎い方に簡単に比較できるようにざっくりと性能や値段を見ていきたいと思います。
上級者の方で細かな詳細データが欲しい方には物足りない内容になってしまうかもしれませんがご了承ください。

iPhone SEの特徴

iphone SE
まず第一の特徴としてサイズがiPhone5,5Sと同じ大きさです。
スティーブジョブズ氏の遺作とも言われる手になじむ究極の形がiPhone5なのです。
そのサイズと同様のサイズなので不思議と使いやすいちょうどよい大きさです。

iPhone6,6Sは大きくて丸みのあるデザインがどうも好まなかったので私は今でもiPhone5を愛用しています。
iPhone5と同じ大きさで出てくれたことで古いスマホ使ってるなとのレッテルが貼られなくなったことはiPhoneSEの発売は意義がありますね。

第二の特徴としてバッテリー持ちが想像以上に良いそうです。
ヘビーにスマホを使用する方で電池持ちに苛立ちを感じている方なら買う価値はあるかもしれません。
性能アップとバッテリー容量が上がったことももちろんですが、iPhone6と比べて画面が小さいことから消費電力が抑えられているみたいですね。

第三の特徴に今までのアップル製品と比べて比較的安価であることが挙げられます。
米国価格で399ドルで発売されているので今までのシリーズから見ても相当安いです。

購入するならどれがおすすめか

まずiPhone6,6Sを持っているならiPhone SEは見送りでいいと思います。
性能的には若干iPhone SEのほうが劣っており、3Dタッチなどの新機能は使えなくなってしまいます。
インカメラの画質もiPhone6,6Sのほうが上です。

iPhone5,5s,5cを持っているならiPhone SEは購入の価値はあると思います。
サイズに変化がないので、今まで同様違和感なく使用できると思います。

性能で見ると以下の通り

iPhoneSE iPhone5 iPod touch
A9プロセッサ A6プロセッサ A8プロセッサ

iPhone SEはiPhone6と同等レベルの処理能力があります。CPUはもちろんメモリもiPhone SEは大きくなっています。
ゲームやその他アプリもサクサク快適に動くはずです。
*ここでいうプロセッサは数字が大きいほど性能が上です。

ちなみに通信速度もiPhone5,5s,5cと比べると性能が上がっているためネットや動画閲覧にもストレスを感じにくくなります。

ここでなぜiPod touchを引き合いに出したかというとコストパフォーマンスを考えたときにiPod touchという手もありなのです。
第六世代のiPod touchでは、A8プロセッサを使用しており、そこそこのCPU性能を誇ります。

16GBモデルで比べた場合、価格は以下の通り

iPhoneSE iPod touch
52,800円 24,800円

*Apple公式サイト現在の価格

価格は約半額で購入することが出来ます。
また大きさ、軽さはiPod touchのほうが薄く軽いため疲労感を感じることが少ないです。

もちろんiPod touchでは通話機能はないため電話としての機能は失われます。
しかし、モバイルルータをお持ちの方、iPhoneでテザリング機能を有効にしている方、常にWiFiの接続環境にある方ならiPod touchという選択肢も大アリです。

総評

iPhone6シリーズを持っている方ならiPhoneSEは見送り。
iPhone5シリーズを持っていて、そろそろバッテリーやその他に支障がある方はiPhoneSEを購入の価値アリ。

iPhone5シリーズを持っていてテザリング機能を有効にしていたり、モバイルルータを持ち歩いているならiPod touchもあり。
*iPhone5シリーズを通話用、モバイルルータ用として使用。

個人的にはiPhone7の噂が今年の9月頃に出るみたいなので、ご使用のiphoneが限界ならiPod touchで凌いでiphone7まで待つのをおすすめします。
iphone7購入後も音楽プレーヤーとしてそのまま機能できますし。