iphone7の予約が開始となり、早い方では最速で9月16日にiphone7を手にすることが出来るようになりました。
それに伴い、iphoneSEやipadの値下がりが決定したため以前よりもお求め安い価格となりました。

iphoneSEに関してはiphoneシリーズの中でも比較的安価な値段が売りの商品のためこれを機に検討するのもありだと思います。

iphone7の変更点

デザインについて

iphone7デザイン

デザインは上記の画像の通り。
今までになかったジェットブラックという新色が追加されました。
シックな艶のある黒がカッコいいですね。以前のローズピンクのようにこの新色が人気になりそうな予感です。
本体の大きさ、画面の大きさはiphone6と同様です。

iphone6同様にplusという一回り大きいサイズも同時発表となりました。
性能面ではややiphone7plusのほうが優位に立ちます。

iphone7plusの背面にカメラが二つあるのはカメラ機能に望遠や広角が追加されたためです。

性能について

iphone6がA9プロセッサというCPUを使っていたのに対して、iphone7ではA10プロセッサという更に進化したCPUを搭載しています。
iphone6でも充分にサクサク動くと思う方も多いかもしれませんが、さらにストレスフリーな処理能力を持っています。

カメラ機能に関しては、画質はiphone6と同様ですがiphone7plusでは上記でも述べたように望遠や広角といった新たな機能が追加されています。
LivePhotos6枚構成レンズの手ぶれ補正が追加されたので誰でも簡単に綺麗な写真が取れるようになっているかもしれません。

バッテリーに関しては、今までのiphoneシリーズの中で最も大きいです。
その中でもiphone7plusは破格の性能で、通話最大:21時間、連続待受:16日、ネット4G最大:13時間、ネットwifi最大:15時間となっています。

大きな変更点

防水防塵になった
今まではデザインや薄さを求めるあまりに防水機能がiphoneシリーズにありませんでしたがついに防水機能が追加されました。
しかし、完全防水ではないようなので過度な期待は禁物です。あくまで生活の一部で軽く濡れても大丈夫くらいの感覚にとどめておいたほうが良さそうです。

イヤホンジャックがなくなった
イヤホンジャックがなくなり、イヤホンジャックで使うヘッドホンのようなものが使えなくなりました。
これからはライトニングケーブルを使ったスピーカーやイヤホン・ヘッドホンが主流になりそうです。(*またはbluetooth)

というのも、iphone7の最大容量が256GBと過去最高の容量が存在しています。
これはハイレゾ音楽に対応するためにここまでの容量を用意しているのではないかと噂されています。

お財布携帯機能
iphoneシリーズでは初のFeliCaに対応したためお財布携帯としての機能もあります。
Suicaが使えるので電車に乗ったり、コンビニで買い物したりするだけならこの一台で満足できそうです。

iphone7発表に伴うiphoneSEの値下げ

ここまでiphone7の変更点を紹介しましたが、そこまで機能や性能にこだわらないという方に朗報です。
iphone7の発表がされてからiphoneSEやipadが値下げされました。

価格は以下の通り
iphoneSE(16GB) : 52,800円 → 44,800円
9.7インチ iPad Pro(32GB)モデル(Wi-Fi) : 66,800円 → 62,800円

iphoneSEのCPU性能はiphone6と同様のA9プロセッサなので古いiphoneシリーズを使用中の方はこの機に買い換えを検討してみてはいかがでしょうか。
画面損傷やボタン反応など壊れていないapple製品なら購入時に下取りにも出せるのでよりお求め安くなっていると思います。

私は未だにiphone5を使っているのでiphoneSEにするか検討中です。iphone7にも惹かれますが2年くらいで買い替えを考えると10万円って高いですよね。