ブロガーの方や企業ホームページで集客している方など自分のサイトを作ったからには気になるアクセス数。
みんなに見てもらえてるかな、集客力はどれくらいあるのかな、など目的はそれぞれですがサイト製作者なら誰しもがアクセス解析をしたいと考えているはずです。

そんなときに使うサービスの定番がグーグルが提供している「google analytics」です。
無料で使えるアクセス解析のサービスなのに豊富すぎるほどの機能が詰まっています。

アナリティクスコードを取得して、サイトのヘッダーあたりに貼り付けて終わりという方がほとんどなのではないでしょうか。
実は機能を知れば知るほど奥深く便利な機能がいっぱい存在しているのです。

サブドメインごとにアクセス解析

そんな機能豊富なアナリティクスの中でも今回はサブドメインごとにアクセスを解析する方法をご紹介します。

ひとつ大きな枠組みのサイトがあって各項目ごとにサブドメインでサイトを分けている方も多いはず。
しかし、コードひとつ貼るだけで解析していては、どのサイトがどんなキーワードでアクセスがあるのか、どこからのアクセス流入が多いのか把握するのは困難です。

以前まではクロスドメイントラッキングなどの設定にアナリティクスコードの改変が必要でしたが、今ではグーグルのシステムも進化し、自動的にサブドメインごとのアクセス解析が可能です。

方法

方法はとても簡単です。誰でも出来ると思うのでサブドメインでサイトを分けて作成している方はぜひ試してみてください。

step.1

まずはグーグルアナリティクスのページにログインします。
管理画面に移行し普段通りトラッキングコードを取得してください。

step1

step1-2

このようなコードが取得できると思います。
取得したコードを解析したいサイトのヘッダー部分に貼り付けます。
*コードの改変は必要なく全て同じコードを貼り付けます。

step.2

アナリティクス管理画面のビューの項目からフィルタを選択します。
step2

フィルタ名を「ドメインとURL結合」のようなわかりやすい名前をしていします。

そして、この画像のように各項目を入力します。
設定方法はグーグルアナリティクス公式サイトに載っています。
参照(google)

設定が終わったらフィルタを保存します。

step.3

ビューのドロップダウンメニューから新しいビューを作成します。
これはサブドメインのサイトの数だけ作成してください。

ビューの名前は各サイトのタイトルなどにするとわかりやすいかと思います。
ビュー設定のウェブサイトURLはサブドメインのアドレスを指定してください。

設定できたら新しく作ったビューを保存します。

step.4

ビューのフィルタの設定から各サブドメインごとの指定をします。

step5

フィルタ名はサイトのタイトルなど。
ホスト名はサブドメインのURLを指定してください。

step.5

作成した全てのビューに「ドメインとURL結合」フィルタ、サブドメインごとのフィルタを指定します。
これでサブドメインごとにアクセス解析が出来るようになります。