自身のサイトやブログを作ったら多くの人に見てもらいたいですよね!
近年、間違ったアクセスアップの方法が横行しているので私が体験した一番大事なアクセスアップのためのSEO対策を紹介します。

SEO対策とは

SEOとは、英語でSearch Engine Optimizationの頭文字を取ったものです。
日本語訳でサーチエンジン最適化です。

サーチエンジンつまりgoogleやyahoo、bingなどの検索エンジンに適した形のサイト作りをすることによって検索エンジンからのアクセスを増やそうというのがSEO対策です。

間違ったSEO対策

アクセスアップのためにSEO対策を頑張ろうというのは捉え方によっては間違いです。
検索エンジンの裏をかいた方法で検索上位表示を目指すという方法はそもそも検索の目的に反しています。

検索エンジンは日々、検索ワードにより適した結果を表示しようと進化し続けています。
裏技的な方法を使って上位表示を出来たとしても検索エンジンの進化の中で対処され後退していくことでしょう。

近年の対策で言うと、相互リンクやサテライトサイトからのリンクジュースなどでしょうか。
以前のgoogleでは、多くのサイトや関連したサイトからのリンクが多くあるサイトは信頼できる情報を持った良いサイトだという認識のアルゴリズムで動いていました。

それに目をつけ被リンクを大量に獲得し、検索上位を目指すというSEO対策が横行しました。
しかし、現在ではリンクジュースにさほど価値を与えず、ユーザの求める検索結果を表示させようとアップデートしています。

もし仮に違う裏技的な手法を編み出し、効果が出たとしても検索エンジンの進化で廃れていき、永遠といたちごっこを繰り返すことになるでしょう。

本当に大事なアクセスアップのためのSEO対策とはこのようなものなのでしょうか?

正しいSEO対策

アクセスアップのためにSEO対策を頑張ろうというのは捉え方によっては間違いと書きましたが、SEO(サーチエンジン最適化)の意味をしっかりと読み取れば自然とSEO対策が出来るはずです。
つまり一番アクセスアップに近いSEO対策は、ユーザの求める結果をしっかりと伝えることが出来るかに限ると思います。

その中で内部的に見やすい構成にしたり、その記事を読んだ人が自然とSNSなどで紹介したりというような事象は価値のあるものだと思います。

全ては検索するユーザ目線で考えること。それが正しく一番アクセスアップに近いSEO対策です。

そのことを念頭に置き、効果のあると思われるSEO対策を紹介します。

ユーザ目線で

検索をして、そのユーザが欲しいと思われる情報を正確に伝えましょう。
ユーザは何か困ったり、目的があって検索しているので、検索ワードにマッチングしたユーザの喜ぶ情報を記載しましょう。

タグや記述は正確に

検索エンジンは機械なので、機械言語がしっかりとしていないと読み取ってくれません。
せっかく価値のある情報が正しく反映されません。

オリジナリティのある情報を

他人の真似や他のサイトの丸写しをしていても検索エンジンは元はどこから発信されているかわかります。
コピーサイトやリライトのようにサイトを作ってもオリジナルのサイトには勝てません。
あたな自身が自信を持って紹介できる情報を伝えましょう。

サイトのテーマ統一

たとえば八百屋さんに行って、お肉がたくさん売ってても買う人は少ないですよね。
サイトのテーマを統一し、それに則った情報を記載しましょう。

タイトルと内容の一致

サイトテーマ統一と少し似ていますが、検索結果にはタイトルが表示されます。
そのタイトルに興味を持った人があなたのサイトにアクセスしますが、その内容がタイトルと全く違う情報だったら読んでくれません。
また検索エンジンとしてもユーザが求める結果に近いものを上位表示しようと進化しているのでタイトルと内容の一致は不可欠です。
Q&A方式で求めるであろうキーワードをタイトルに、それの答えを内容にという記述がおすすめです。

見出しでわかりやすく

htmlには見出しタグのh1、h2、h3、…があります。
これはユーザにとっても検索エンジンにとっても見やすくなる効果があるので見出しをしっかりとつけて見やすいサイトを心がけましょう。

わかりやすいサイト構成

ユーザも検索エンジンもサイトの作りが迷路のように複雑だと迷ってしまいます。
目的の記事にすぐに辿り着けるようなわかりやすいサイト構成にしましょう。

ソーシャルボタンの設置

より良い内容の記事を書き、読んでくれたユーザがSNSなどで自然と拡散してくれることはとても価値があり、検索エンジンにとっても評価の対象です。
自分だけで何個もアカウントを取って拡散するのはスパムとして認識される可能性があるのでやめましょう。
検索エンジンのポリシーに則り、良質な記事に自然とSNSなどで拡散されるようなサイト作りを目指しましょう。

ウェブマスターツールの活用

googleアカウントを取るとウェブマスターツールというものが使えるようになります。
そこでサイトの追加を行い、googleの検索エンジンが自身のサイトにクロールしてもらえるようにお知らせできます。
サイトマップを送信することで新しい記事を書いたときいち早くgoogleに伝えることが出来ます。

またコンテンツキーワードやインデックス情報なども見られるので、サイト運営のヒントにしましょう。
エラーページなども確認できるので検索エンジンに気に入られるサイト構成へ修正するように心がけましょう。

地道にコツコツと

検索エンジンの評価対象にドメインエイジというものが存在するのではないかという噂があります。
サイトを長いことコツコツと構築していったサイトにはそれだけで付加価値があるというものです。
コツコツ地道にコンテンツを増やし、他のサイトには負けないサイトを目指しましょう。

最後に

当たり前のようなことを並べましたが意外と出来ないんです。
私も何度もサイト構築していますが、どうしても手っ取り早くアクセスを集める方法はないのかと調べに調べつくしてしまいました。
しかし、やはり意味のないSEO対策に時間を掛け、効果があったなかったで一喜一憂する時間があったら真っ当な方法で勝負するのが一番早く無駄がないんですよね。

あなたの頑張りはきっと評価されるはずです!無駄な間違ったSEO対策に流されず、時間を無駄にせず良質な記事を目指して書いていきましょう!